トリマー 資格 種類

↓資料請求はこちらをクリック↓

トリマーの資格の種類について

トリマーとして働きたい!と思ったとき、まず始めに思い付くのは「資格」だと思います。資格を取ろうと考えますよね。動物を扱う資格はたくさんありますが、トリマーの資格は「獣医」や「動物看護師」のような公的な資格ではありません。トリマーは「民間レベルの技術認定」になります。

 

一言で「トリマーの資格」と言っても、協会が発行するもの、専門学校が発行するものなど様々です。今回は、「トリマーの資格の種類」についてお話したいと思います。

 

トリマーの資格は大きく分けると

 

  • 犬に関係する協会や団体が発行する資格
  • 専門学校独自の資格

 

の2つがあります。「協会や団体が発行する資格」の主なものをいくつか紹介します。

 

「JKCの公認トリマー」

 

技術に応じて6段階あります。JKCとはジャパンケネルクラブのことで、もっとも代表的なトリマーの民間資格と言えます。JKCのトリマー資格を取るためには、協会公認の養成機関に入学するか、JKCの会員に2年間登録する必要があります。後者は独学でトリマーとしての基礎を学ばなければなりません。

 

「JDA公認トリマー」

 

厚生労働省認可の全日本愛犬技術者指導協会が発行するものです。1級から3級まであり、上の級を受験するためには下の級に合格していることが条件となります。3級の資格を取るには、協会指定の学校へ行かなければなりません。

 

このように、トリマーの資格を取るには「専門学校に行く」ことが条件であることが多いです。そんな中、通信教育でカリキュラムを修了することで資格が取れるものもあります。おすすめは「日本ケンネルカレッジ」という通信教育です。カリキュラムを修了すればJCSA認定のドッグトリマーの資格がもらえます。
一般的に「トリマー」というのは、犬を対象としています。猫を対象としているのはトリマーではなく「グルーマー」と呼ばれ、こちらは「ICC(インターナショナル・キャット・クラブ)グルーマーライセンス」というのを取得することになります。

 

次のページでは、ペット通信資格「日本ケンネルカレッジ」についてご紹介します。