トリマー 資格 必要

↓資料請求はこちらをクリック↓

トリマーに資格は必要?

トリマーとして働くためには資格が必須だと思っている人が多いのですが、そんなことはありません。トリマーは公的な資格ではないため、資格がなくても働くことは可能です。トリマーは民間レベルの資格なので、専門学校を卒業することで「学校が発行するトリマーの資格」を取得することができます。

 

トリマーとして働くために「資格」は必須ではない、と先ほどお話ししました。しかし、資格なしで「トリマー」として働くことはほぼ不可能なのが現状です。それはなぜかというと、トリマーは「美容師」と同じような「技術を要する仕事」だからです。資格を持っているということは、トリマーとしての基礎的な技術は身に付いている、というアピールになりますね。お店側としては、即戦力となれる人を募集していることが多いですから、トリマーの資格のない人より「資格保持者」を採用したいと思うのは当然のことだと思います。

 

トリマーとしての技術も身に付き、なおかつ資格も取れる方法のひとつに、「日本ケンネルカレッジ」という通信教育があります。日本ケンネルカレッジはペット専門の通信資格講座です。カリキュラムを修了すれば、JCSA認定の「ドッグトリマー」の資格が交付されます。日本ケンネルカレッジは「つくば国際ペット専門学校」が母体となっているので、教材の質も良いと評判が高いのです。

 

トリマーは資格なしでも働ける職業ではありますが、資格がないと働きにくい職業でもあるのです。トリマーとして働きたいと思っているのなら、まずは「日本ケンネルカレッジ」の資料請求をしてみましょう。

 

次のページでは、ペット通信資格「日本ケンネルカレッジ」についてご紹介します。