トリマー 資格 中卒

↓資料請求はこちらをクリック↓

中卒でもトリマーの資格は取れる?

トリマーの資格を取るには、高校卒業後に専門学校に行くことが一般的です。ペット専門の学校に通い、トリマーとしての技術や犬の特徴などについて学び、卒業と同時に「トリマーの資格」をもらえるのです。トリマーは公的な資格ではないので、専門学校独自の資格が交付されるパターンが多いです。

 

トリマーは技術が必要な職業です。就職の際に「学歴」が問われることはほとんどありません。学歴よりも技術や経験が問われる職業なので、「トリマーとしての技術」さえあればどんな人でもトリマーになることはできます。たとえ中卒の人でも例外ではありません。

 

しかし、中卒の場合「社会の扱い」はひどいこともあります。中卒だからとの理由で就職を断られることもあるかもしれません。トリマーとしての技術があっても、一般常識が足りないと見られてしまうのです。ですから、中卒でトリマーになりたいと思うのなら、それなりの覚悟が必要なのは言うまでもありません。

 

中卒でトリマーの資格を取るには、「通信教育」が良いでしょう。日本ケンネルカレッジの通信教育なら、基礎はもちろん技術もしっかりと身に付けることができます。トリマーの資格をとるためには「18歳以上」などの条件があることもありますが、日本ケンネルカレッジなら問題ありません。カリキュラムを修了するとJCSA認定のドッグトリマーの資格が交付されます。中卒でも進学可能な専門学校もありますが、まずは「日本ケンネルカレッジ」の資料請求をしてみてはいかがでしょうか。

 

次のページでは、ペット通信資格「日本ケンネルカレッジ」についてご紹介します。